2012年10月02日

Logitec無線LANルーターの設定方法 事例 LAN-W150N/PR

Logitec の 手のひらサイズの無線LANルーター LAN-W150N/PR は持ち運びに便利です。
ホテルや公共の場でLANポートにつなげれば無線LANが使える気安さがセールスポイントですね。



でも、残念な事に、フレッツ光のNTTのルーターにつなげても
簡単にインターネット接続できない場合があるんです。

そういう場合の対処方法の概略を以下、記します。

logitec1.gif



1 まず、本体の背面にLANケーブルを差し込む口が2つあります。
WANと書かれた方に、NTTのルーターとつながったLANケーブルをさします。
上の写真の様になります。

そして、もう一つのLANと書かれたポートにLANケーブルを差し込んで、パソコンとつなぎます。
それだけで、インターネットが見れれば、後はパソコンの無線LAN設定をするだけなので、楽ですね。
今回は、インターネットが見れなかった場合の対処方法の概略を示します。

2 インターネットを立ち上げた状態で、画面上部のURL欄に、192.168.2.1 と入力してエンターキーをたたいて下さい。
ユーザー名とパスワードが聞かれますので、両方とも、admin と入力して下さい。

3 すると下の画面が表示されます。
lconf1.gif

さて、これからLogitecの無線LANルーターとNTTのルーターの関係を良くしてあげる作業をします。
その為には2つの作業を行います。

まずは、表示されている「 ルータモードで動作しています。 」が良くないので変更します。
左にある、「 動作モード選択 」 をクリックして下さい。すると下の画面が表示されます。
今、ルータモードが選択されていますが、APモードをクリックして選択して下さい。
そして下の 「 適用 」 ボタンをクリックすれば、一つ目の作業は終了です。

4 ちょっと次の作業は厄介です。
左の 「 有線設定 」をクリックすると下に、「 LAN側設定 」 が出てきますので、
それを選択します。
すると下の画面が表示されます。

lconf3.gif

この画面の数字を変更しなければなりません。
どの数字に変更するのか、判断するのがちょっと厄介なんです。

出来るだけ分かりやすい表現をしますと、
NTTのルーター等の機器が、1つだけの場合、
装置のIPアドレスには、192.168.1.109
この場合の最後の109は255以下から選べるのですが、これ位大きな数字なら良いでしょう。
サブネットマスクは変更しません。
デフォルトゲートウェイは、192.168.1.1 になります。

一方、NTTの機器が3つある場合は下の画像の様になります。
つまり、
装置のIPアドレスには、192.168.24.109
この場合の最後の109は255以下から選べるのですが、これ位大きな数字なら良いでしょう。
サブネットマスクは変更しません。
デフォルトゲートウェイは、192.168.24.1 になります。

lconf4.gif

「 適用 」 ボタンをクリックすれば設定終了です。

以上で、Logitecの無線LANルーターとNTTのルーターとの関係を良くする作業が行われます。
なかなか大変でしょ。

この設定の手間がかからない機種があるので
無線LANルーターをどれを選ぶかは、とても重要になります。

posted by fujilognet at 14:23| Comment(1) | 他無線ルーター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。