2012年11月02日

無線LANが遅いから無線子機でなんとかしたい

多くのノートパソコンには無線を受信する機器が内臓されています。
それでも、” 無線LANが遅いからなんとかしたい!” と、
電気店で無線LAN子機を購入される方がいますね。

「 パソコン内蔵の無線機能とUSBの無線LAN子機、どちらが良いですか? 」

よくご質問を受けます。


私が質問を受ける場合、パソコンを見せていただける状況なので、明確な回答ができます。
つまり、パソコンの状態によって回答が変わるのです。


残念ながら、多くの場合は以下の様な回答になります。

「折角、ご購入されたのですが、ノートパソコン内蔵の無線機能を使った方が良いですね。」


パソコンが下記の様な状態の場合は、新しい機器を使い難いです。

・既にパソコンの起動が遅い
・パソコンが起動時に右端に並ぶアイコンの数が多い
・搭載されているメモリが少ない


rcner.gif


いずれにしましても、パソコンの状態が良いとは言えない場合は、
内蔵の無線機能を使った方が良いです。


逆に、私が納入する中古のパソコンの様に、まだ、何もつかっていない状態の場合は、
USBの無線LAN子機をつけた方が速くなるケースが多いです。

新品のパソコンならば内臓されている無線機能も高速なものになっています。
そうでない場合は、USBの無線LAN子機の方が速いので出来れば、取り付けたいです。

問題は、USBの無線LAN子機をつけると2つ程、新たにプログラムが動いてしまう事です。
既にパソコンを起動すると沢山、プログラムが動く様になっていると、
その上に2つ追加して動くことになってしまうので、パソコンが不安定になりがちです。
かえって遅くなるかもしれません。

PC家電ブログへクリックにほんブログ村 PC家電ブログへPC家電ブログへクリック



深刻にインターネットが遅くてお困りの方ならば、
パソコンを初期化てWindowsを入れなおすと速くなります。
それは余分なプログラムが立ち上がらなくなるからです。

まぁ、普通はそこまで出来ませんからねぇ ....




また、USBの無線LAN子機は親機の能力と合わせると良いですが、
下の製品が安くて良いです。無線LAN親機もバッファロー製品ですと、倍速設定も出来るのが嬉しいです。



機能や仕様については、WLI-UC-G301N の詳細 click.gifを参照ください。





posted by fujilognet at 16:19| Comment(0) | 無線LANトラブルSOS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。