2012年10月11日

トラブル多い! ひかりTVは見たいがひかり電話はいらない フレッツ光の契約

丁度、フレッツ光の工事が終わった所に、パソコンを納入しに行く事があります。
時々、困ったケースに出くわします。例えばNTTのルーターが無い場合です。

お客さんは、既にパソコンを1台持っています。私が納入したパソコンが2台目。
両方ともインターネットを利用したい。こういう場合は必ずルーターが必要になります。

ところがNTTの工事で設置されたのはモデムだけ。
最もモデムにはLANケーブルを差し込むポートが一つしかありませんから、それだけで複数のパソコンでインターネット閲覧は不可能になります。(下図参照)
nophone.gif



特にひかりTV(ひかりテレビ)は見たいのだけれど、ひかり電話はいらないといったケースはトラブルが起きやすいです。

NTT側からすると、ひかり電話には、NTTのルーターを設置する事になっています。つまり、ひかり電話を契約しないとなると、NTTは通常のルーターの手配はしません。ところが、ひかりTVはルーターがないと見る事ができません。

お客さんからすると、そういった事情は知りませんよね。NTTの工事でモデムが設置され、プロバイダからSTBというひかりTVを見る装置が送られてきています。これでパソコンでインターネット、テレビでひかりTV(ひかりテレビ)が楽しめると思っています。

でも、ルーターがないので駄目なんです。(下図参照)
nophone2.gif


これらの場合、NTTのルーターの代わりになるルーターを用意しなければなりません。
お客さんがどういった機器が必要かといった専門知識を無くとも契約できないといけませんから、フレッツ光の営業窓口で手配することになっています。だから、お客さんの要望や利用状況を聴取する事になっています。本来はそれで上手くいく筈なのですが、慣れていない営業担当だと手配がされずトラブルになる場合があります。

特に激しい売り込みの販売店の場合、営業マンの入れ替わりが激しかったりします。それはノルマが厳しからなのでしょうか? 手配漏れが起きやすくなりますね。

フレッツ光を申込む際は、テレビのネット接続まで対応できる、しっかりとした販売店を選んだ方が良いです。


posted by fujilognet at 21:49| Comment(0) | フレッツ申込注意点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。