2012年09月27日

安くても無線中継機能がある バッファロー WHR-300




インターネット閲覧しょうとしても、パソコンの画面がなかなかかわらず
イライライライラ ヽ(〃≧皿≦)ノイーーー!!

フレッツ光でそんな無線LANをつかっているのでしたら、
ちょっと許せないですよね。

無線LANルーターとパソコンが離れているのでしたら、原因は電波が届いていないからです。
例えば、2階に無線ルーターがあって、パソコンはその真下の1階
電波が届きにくい位置関係です。

そういう場合は、無線LANルーターの中継機を設置すると良いですよ。
今回は、低予算で簡単に、無線LANを快適に使える様にするといった方法をご紹介します。




つまり、下記の3つの条件を満たす、すばらしい方法です。

1.家中どこでも無線が使える様にすること
2.予算は最低限に抑えること
3.設定等 簡単に出来る方法ですること


その為には、バッファローの最も安い無線LANルーター WHR-300 を使います。
設定方法はとても簡単! 下記の様に行います。 


1.まず、ネットで安くて高機能の無線ルーター バッファロー WHR-300を2つ購入します。

他のメーカーの無線ルーターでは上位機種にしかない中継機能が
3000円位の バッファロー WHR-300 には備わっています。

2.今使っている無線ルーターの代わりに、バッファロー WHR-300を取りつけます。

NTTフレッツ光の場合、
大概、NTTがホームゲートウェイとかCTUとかいうルーターを設置しています。
それにバッファロー WHR-300をつなぐだけです。

電源を入れるとチカチカとランプが点滅し、
上から、緑、オレンジ、緑と3つ点灯に変わったらOKです。

threelights.gif


3.パソコンを無線接続します。

付属のCDをパソコンに入れて画面通り操作すればつながるので簡単です。


4.その後、もう一つのバッファロー WHR-300を取り出します。
本体裏にスライドさせる小さいスイッチを真ん中の OFF に合わせます。
lamport.gif

そして電源を入れて下さい。
これも上から、緑、オレンジ、緑と3つ点灯したらOKです。

5.バッファロー WHR-300の上部に黒いボタンがついています。
それを2台とも一緒に押します。

チカチカ、オレンジ色のランプが点滅しますので暫く、落ち着くのを待ちます。
大人しくなったら、これで設定は終了です。
tworouters.gif



6.後から電源をいれたバッファロー WHR-300を1階に移動すれば、
無線を中継してくれて1階はすみずみまで電波が届く様になります。


かかる費用は、WHR-300 2台で6000〜7000円程
無線LANの中継なんて難しい機能が、簡単に設定できます。

届かない無線の電波を届ける解決策としては、
この無線LANルーター WHR-300 は、手軽でお薦めです。

【ポイント2倍】バッファロー 無線LAN親機 WHR−300

価格:2,630円
(2013/7/16 15:27時点)




参照)

楽天ショップの WHR−300の最安値を確認できます。








posted by fujilognet at 01:27| Comment(0) | 無線LAN中継機設定 例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。