2013年03月10日

無線機が壊れる! 飲食店にはフレッツ光は向かない!?

私はこれまで何度か無線LANのトラブル対応で飲食店に伺っています。
その中で、完全にお手上げなのは、無線LAN機が壊れてしまっている場合です。

見た瞬間に、「 これは壊れてもしかたないなぁ。 」と思う、店があります。
厨房のコンロの近くに無線LAN機がおいてあるお店が結構あります。無線LAN機は熱に弱いです。厨房の暑さで壊れてしまいやすいです。

ガスコンロの位置が、厨房の奥にあれば問題ないのでしょうが、お客を良く見える様に対面式になっている場合、無線LAN機は熱にさらされ易いです。要注意なのはラーメン店ですね。
insyowifi.gif


さらに困るのがフレッツ光の場合です。
まず、NTTのフレッツ光のルーターは電話機の近くに設置されます。無線LAN機は、NTTの機器の隣に置かれます。両方とも熱くなってしまうのです。

その上、NTTのルーターが大きいので場所を取ります。できるだけお客さんに雑然とした所を見せない様に、厨房側の棚に置かれてしまうお店があります。そうなると油も付着してしまい、機器としては大変具合が悪いです。

無線LAN機を新しくしても、またじきに壊れてしまうと想像できます。

ラーメン店


フレッツ光でひかり電話にしてしまった場合、どうしても電話機の横に、NTTのルーターと無線LAN機が並ぶ事になります。個人宅の居間ならともかく、お店の場合はスペースが無いので劣悪な環境に機器は置かれてしまうのですよね。

一概には言えませんが、だから”飲食店にはフレッツ光は向かない!?”と思うのです。
電話は今までの普通の回線にして、インターネットは、WiMAX や LTE を利用した方が無難かと思います。
これから、インターネット回線を入れようとお考えの飲食店は、下記の月額 3880円のサービスを参照下さい。



posted by fujilognet at 15:12| Comment(1) | 無線LANトラブルSOS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。