2012年10月27日

危ないフレッツ光の販売店の見分け方

フレッツ光の契約は、
キャッシュバックやパソコン等の豪華景品がある反面、トラブルが多いです。
パソコンを納品しに行った先で、私はとんだトバッチリを受けるのでつくづく実感します。
お客さんが良く言う言葉は、3つです。

「 話が違う。 」
「 そんなの聞いていない。 」
「 誰に言ったらいいの? 」

こういう不満を言うお客さんは、大概は
かかって来たセールス電話や訪問して来た営業マンの売り込みにより契約された方です。

「 何度も電話が来るから、契約したのに ・・・ 」
「 そんなんだったら、契約しないのに ・・・ 」

私に言われても、私は関係ないので困ります。
どうせなら、信頼おけるフレッツ光の販売店と契約すれば良いのですがね。
どういう販売店が危ないのか見分ける方法があります。

PC家電ブログへクリックにほんブログ村 PC家電ブログへPC家電ブログへクリック


以下の3点がポイントです。

1.最近設立した販売店
  全ての販売店がそうだとは言えませんが、
  最近営業を始めた販売店は無茶な営業をする所がある様です。
  3年以上、実績がある販売店の方が良いですね。

  「 おたくは会社出来て、どれくらいたつの? 」 ってずばり聞きましょう。

2.営業担当しか話が通じない販売店
  問合せしてみると分かりますが、電話窓口で回答してくれず、
  営業担当が不在でも、必ず営業担当からでないと対応してくれない販売店は、
  トラブルになり易いです。

3.法人を扱っていない販売店
  法人の場合は、個人と違って、コスト削減等、提案するメニューがいくつかあります。
  それを扱わず、個人と同じ内容で営業する販売店は要注意です。
  逆に個人より厳しい対応が求められる法人向け営業をしているのは安心材料です。

  それは、
  その販売店のホームページを見ると、法人向け営業をしているかどうか分かります。

  例えば、こちらの1400万回線の販売店のホームページ  
  法人用のページがあるかないかチェックして見て下さい。

  
出来れば売り込みに来た販売店だけでなく、他の販売店と比較してから契約したいものです。豪華景品だけでにつられて契約しては、後々困る事になりますからね。



posted by fujilognet at 17:31| Comment(0) | フレッツ申込注意点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月25日

光ポータブルを解約して、WHR−300の方が良い

私がパソコンを納入した先で、最近、光ポータブルが設置されている所が出てきています。
はっきり言って評判悪いです。私も評価しません。

フレッツ光の販売店は光ポータブルを売りたがっている様ですね。
持って歩く事が無い人にでも、光ポータブルを売り込んでいます。
下の図の様に、
光ポータブルをもっぱら家の中で無線LANルーターとしてか使わないのに、

「 なぜ、光ポータブルを薦めるか ? 」疑問に思います。

hiport.gif


光ポータブルは、ポータブルという言葉がついている様に、持ち運び、無線を受信するパソコンやPad、スマートフォンが近くにある前提の機器です。家の中で離れた所にあるパソコンには無線が届き難いです。

今(2012年)、電気店に行くと店頭には、
通信速度が150、300Mbpsといった無線LANルーターが当たり前の様に並んでいます。光ポータブルはこれらの無線LANルーターの一時代古い機種位の性能しかありません。
フレッツ光で速く通信しているのに、光ポータブルでガックっと速度が落ちる訳です。

「 フレッツ光なのに、あまりにもあまりだ。 」 と私は思います。

光ポータブルを解約して、
3000円程で買えるバッファローのWHR−300に切り替える事をお薦めしています。



また、これからフレッツ光を契約される方でNTTに無線機器を頼まれる場合は、
「 光ポータブルでない無線LAN機器にして下さい。 」 と明確に伝えた方ば良いですよ。


PC家電ブログへクリックにほんブログ村 PC家電ブログへPC家電ブログへクリック



posted by fujilognet at 15:13| Comment(0) | フレッツ申込注意点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月21日

無線LANルーターと電話機は離して置きましょう

無線LANが時々切れる。
またはつながり難い。   

この様な状況で一番の原因は、パソコンと無線LANルーターの距離です。
遠く離れている場合、中継機を設置する等の対策が効果的です。

  参照) 安くても無線中継機能がある バッファロー WHR-300

その次に怪しむべきは、無線LANルーターの位置です。
フレッツ光の場合、NTTの工事業者は当然の如く、電話機の横にNTTのルーターを設置して行きます。無線LANルーターはNTTのルーターにつなぐ必要があるので、その横に置いてしまいがちです。

すると下の図の様に、電話機、NTTのルーター、無線LANルーターの3つが並んで置かれる場合が多いです。これがちょっと問題を起こす事もあります。

3kina.gif


電話機が子機をもっている場合、電話機も電波を飛ばしています。無線LANルーターの電波と影響しあってしまうケースがあるからです。
上記の場合は、電話機か無線LANルーターの線を長い物にして、離れた場所に置きたいものです。

また、NTTに無線LANを頼んだ場合も同様な事が起きます。
NTTのルーターと電話機が近いと悪い影響があらわれる場合もあります。この2つの機器を離しておきたいものです。

denwantt.gif


また、他の電波の影響を受けにくい無線LANルーターを使うのもお薦めです。
バッファローのWZR−600DHPが正しくその機種です。



posted by fujilognet at 10:20| Comment(0) | 無線LANトラブルSOS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。